久喜市菖蒲とは?

菖蒲地区とは?

菖蒲(しょうぶ)地区とは、旧 菖蒲町が2010年に久喜市と合併した一帯である。

 

久喜市の南西に位置し、久喜市No.1の広大な土地を持つ。

 

久喜市菖蒲とは?

 

菖蒲地区を一言で

菖蒲=ショッピングモール・工場・植物 と覚えればOKです。

 

ショッピングモール

菖蒲ショッピングモール群がとにかくスゴイ。全国に名を轟かす日も遠くない!

 

工場地帯

とにかく工場が多いです。

菖蒲ショッピングモール群でも工場地帯っぽさはあるのですが、本場は東北自動車道の西側一帯。

行けども行けども工場です!

 

大きく、菖蒲工業団地と清久工業団地に分かれています。
※厳密には、清久という地域は久喜地区なのですが、イメージ的には菖蒲です(^^;

 

共通点として、両方とも沼や池があります。工業用水的な意味合いでしょうか。

 

植物

名前からして花が多そうですが、実際多いです。
れんげまつりポピーまつりアヤメ・ラベンダー祭りと春は毎月イベントをやっています!
道路沿いにさりげなくアヤメ(多分)が植えられてたりもします。

 

果物

ジャパンクロップスというサイトによると、国内の市町村(2006年)で
イチゴの生産量49位(県内1位!)
日本梨の生産量45位(県内2位!)
だそうです。

 

その他

菖蒲仲町という信号があるのですが、この信号の周辺(結構広い)に商店がたくさんあります。
アーケード街ではなく、1つの通りに偏ってるわけでもありません。一帯です。
車通りが多いのもあって、活気があるように見えます。

 

 

正直、久喜市4地区で一番のオススメです。
もともと久喜地区メインなんですけどねこのサイト・・・。

 

 

久喜ネットTOPへ戻る

関連ページ

久喜とは?