久喜市に興味ある人に特化した広告掲載 1週間6400円(税込)!

久喜ネットで広告1週間6400円(税込)見込み客800人に見てもらいましょう!

久喜ネットでは、広告を出したい事業者様を募集しています。

 

・久喜市に興味がある人に絞った集客
・掲載期間は1週間単位
・広告料は破格の6400円(税込)
・他の料金体系は一切無し
・広告やバナーのデザイン・自店サイト・記事・印刷・書類・枠や紙質の選択不要
・申請期限・納期無し
・「お任せ広告」可
・取材無料
・事業者様の記事へのアクセス数もお伝え
・口コミや自店で書いた記事よりも高い信憑性
・他の広告媒体に比べ、押し付けでない記事
・冊子等と違い、読み飛ばされにくい
・目立たせる広告
・業種問わず広告可

 

 

以上14の特長を持つ、新時代の地域密着型広告です。

 

時間が無い方はお問合せフォームからお問合せを!(必ず連絡先をお書きください)。

 

今お問合せいただくと、お試し価格として半額で広告ができます。

 

久喜市に興味がある人に絞った集客

当サイトは久喜市に特化した情報サイトですので、当サイトに訪れるユーザー(消費者)は、ほとんど全てが「久喜市の何か」に興味を持っている人になります。

 

無作為に見せる他の広告媒体に比べ当サイトは、閲覧者が貴店の見込み客になる可能性が遥かに高いと言えます。

 

掲載期間は1週間単位

当サイトの広告は

 

1.事業者様から料金を事前に受領
2.事業者様指定の日から1週間単位で広告開始
3.期間が終わったら広告終了

 

という流れになります。

 

前払い制であり、追加料金も一切発生しません。

 

事業者様に考えていただくのは期間(1週間単位)だけとなり、比較検討・複雑な計算等の手間がかかりません。

 

広告料は破格の6400円(税込)

ほとんどの広告媒体は最低料金が1万円以上ですが、当サイトでは予算が限られている事業者様にも使っていただくことを考え、6400円(税込)〜広告できるシステムを実現しました。

 

他の料金体系は一切無し

ほとんどの広告媒体には、多くの選択肢が存在します。

 

以下でも説明致しますが、事業者様がとある一社に広告を依頼しようとしても、考慮すべき選択肢が何十、何百とあります。
そして多くの場合、同業他社のサービスとも比較しなければなりません。

 

最善の広告方法を模索するのは当然ですが、そうこうしている内に、貴重な人件費・時間・労力が失われていきます。
私自身も、事業・生活問わず、比較検討の果てしなさにうんざりしています。

 

こうした面倒を省くため、当サイトの広告の料金体系は「6400円/週」としました。

 

広告やバナーのデザイン・自店サイト・記事・印刷・書類・枠や紙質の選択不要

ほとんどの広告媒体において、事業者様には一定の手間が発生します。

 

広告のデザイン

新聞・折込広告・ポスティング等の場合、広告のデザインが必要です。

 

しかし、広告のデザインには膨大な時間がかかります。
さらに、その広告が効果的かどうかが分かる事業者様は多くないでしょう。

 

デザイナーや広告会社に依頼する方法もあります。
しかし、彼らは「見栄えのよい」広告は作ってくれるでしょうが、「効果的な」広告を作ってくれるかは不明です。
彼らは広告のプロであっても、事業者様の分野のプロではありませんので。
もちろん、多額の費用もかかります。

 

バナーのデザイン

多くのweb広告において、自店のバナーが必要になります。
バナーは情報量が限られるため、先の「広告のデザイン」程の手間はかかりません。

 

そのかわり、画像処理ソフトを仕入れたり、使えるようになったりしなければいけません。
「300×250ピクセル」等の規定に沿っていないと、やり直しにもなります。

 

また、「見栄えのよい」「効果的な」バナーを作るとなると、「広告のデザイン」の話と同様になります。

 

自店サイトの作成

バナーと同様に、多くのweb広告では自店サイトも必要になります。
「サイト」には様々な形態がありますが、大きく3つです。

 

大手企業のようなサイト

写真が移動したり、タップすると色んなアクションが起きたり、とにかくすごいサイトのことです。

 

自社の担当者が作っているのか、外注のwebデザイナーが作っているのかはわかりませんが、とんでもない労力(経費)がかかっています。
何百万円〜何千万円という単位です。

 

普通の事業者様にはまず手が出せません。

 

普通のサイト

当サイトのような、普通のサイトです。私は一人で作っています。

 

プロという程の人がいなくても作成・管理ができるので、労力(経費)は大手企業のサイト程にはかかりません。
何十万円〜何百万円で作れます。

 

とはいえ、相当の勉強量が必要です。

 

私は20年以上PCに慣れ親しみ、業務としても7年経験し、資格もいくつも取りました。
しかし、サイト作成のために覚えなければならないことも非常に多かったですし、未だに調べることも多いですし、インターネット業界は日進月歩で変わっていくため、最新の情報も適時覚えなければなりません。

 

サイトをただ作るだけなら、そこまでの知識は不要ですし、外注で5万円〜10万円程度でできます。

 

しかし、サイトは情報を発信するためにあり、発信したい情報は、どの業種でも日々変わるはずですので、更新は必須です。
しかし、更新していくうちに、やってみたい技術が増えるので、やはり勉強しなければいけません。
外注で更新するとかなり割高になります。

 

多くの事業者様は「こんなことまでやりたくない・・・」と思われるのではないでしょうか。

 

ブログやSNS

ブログやSNSはインターネットの知識が多くなくても、すぐ使えるようになりますし、費用もかかりません。
気軽にインターネット上で情報発信ができます。

 

自店のサイトを持たず、ブログやSNSだけを使っている事業者様も多いと思います。
ブログやSNSを元として、web広告をしてもらうのも有りだとは思いますが、web広告の多くは審査があり、その審査に通過できるのかは不明です。

 

また単純に、ブログやSNSだと格好がつかないというのもあります。
少なくとも私は、web広告を閲覧して、開いた先がブログやSNSだったということは一度もありません。

 

また、今や自社サイトは名刺に書くのも当たり前(サイトが名刺代わりなんて話も)になっています。
それほど認知されている存在であるwebサイトが、開いてみたらブログやSNSだったとなると、やはり格好はつきません。

 

 

記事の作成

無料冊子での広告の場合、デザインは不要ですが、記事の作成という問題があります。

 

デザインよりも手間はかなり減るとはいえ、やはり記事内容に労力(費用)はかかります。
特に記事が長ければ長いほど。

 

また、自店の広告記事を書くのは、若干恥ずかしくないでしょうか。
私は結構恥ずかしいので、どうしても評論っぽくして、お茶を濁してしまいます。

 

印刷

新聞・折込広告・ポスティング等の場合、デザインだけでなく印刷の問題もあります。

 

印刷会社を手配して刷ってもらうか、広告会社にまとめてやってもらうか、あるいは自分で印刷するか。

 

いずれにしろ、結構な費用がかかります。入稿・引取り・広告会社に輸送する等の手間も増えます。

 

書類の提出

たまに書類提出が必要な媒体もあります。
これは今までのものに比べれば面倒ではないですが、モノによりますし、輸送の手間は発生します。

 

枠や紙質の選択不要

ほとんどの広告媒体では、広告スペースを選びます。

 

位置が良かったり、広告が大きかったりすると、料金が高くなります。

 

また、印刷が必要な広告では、印刷する紙質まで選択することもあります。

 

やはり、厚かったり、質が良い紙は料金が高くなります。

 

当サイトでは、こういった面倒は一切不要です。8円/人 これだけです。

 

申請期限・納期無し

何月号・何週目号といった区分がある広告媒体にあります。

 

期限・納期に遅れると、狙った時期に広告ができません。

 

また、期限・納期を勘違いしていた場合、せっかくデザイン等をしたのが水の泡になることも。

 

当サイトの広告は、気が向いた時に、低予算でできる「気軽・手軽」がポイントです。

 

「お任せ広告」可

当サイトの広告は、事業者様の手間を徹底的に省けるように致しました。

 

その結果、ご申請・ご入金を除き、事業者様が一切関わらなくても広告される「お任せ広告」も可能になりました。

 

取材・記事作成にあたり、事業者様の立ち会い・ご説明があった方が、記事の質は上がると思われますが、とにかく時間が惜しいという事業者様用のシステムが「お任せ広告」です。

 

もちろん、「お任せ広告」により料金が変わることはありません。

 

取材無料

取材を無料で受けることができます。

 

プレスリリース等を出しても、基本的に大手メディアに取り上げられるのは困難です。
逆に、大手メディアに取り上げられるような事業は、取り上げられなくても十分繁盛しているでしょう。

 

当サイトは正直、大手メディアではありません。
そのかわりどのメディアよりも、見込み客になりやすい人たちに見てもらっていると思います。

 

セキュリティ上の都合等で、取材無しでも構いませんが、記事の質は取材有りの方が上がると思われます。
取材に立ち会っていただくかどうかも自由ですので「取材は受けるが、立ち会いはしない」ことも可能です。

 

記事へのアクセス数もお伝え

希望される方には、取材記事にアクセスしたユーザー数の詳細を、データか書類にてお渡しします。

 

web広告におけるアクセスとは、ユーザーの比較的強い興味を示します。
そういったユーザーの数も知りたい事業者様は多いと思われるため、実現したサービスです。
もちろん無料です。

 

口コミや自店で書いた記事よりも高い信憑性

口コミは現代ネット社会の流行りであり、ある程度の指標になります。

 

しかし信憑性となると、どこの誰かもわからない人たちの評価・コメントですし、結局読む人の判断力次第です
私も業務上・生活上問わず、よく口コミを見ますが、参考になる度合いよりも、判断に疲れる度合いの方が圧倒的に大きいです。

 

また、口コミをしてと言えば誰かがしてくれるわけでもありません。

 

そして、自店で書いた記事は明らかに広告なので、閲覧者も素直には読んでくれません。

 

当サイトの広告は、どこの誰かを公開している私が書きますので、口コミや自店で書いた記事よりは信憑性を高くできると思われます。

 

他の媒体に比べ、押し付けでない広告

ポスティング等における広告は、消費者に頼まれて広告しているわけではありません。いわば押し付ける広告です。
印象は良くありません。

 

久喜市に興味ある人に特化した広告掲載 1週間6400円(税込)!

 

一方でwebサイトは、ユーザーの求めに応じて表示されます。そしてweb広告は、ユーザーに対して悪印象を持たせるまで行かないことが多いです(無理矢理な広告はウザがられます)。

 

当サイトでは先述の通り、1ページあたり広告枠を3つまでとすることで、ユーザーから悪印象を持たれないように努めます。

 

冊子等と違い、読み飛ばされにくい

ポスティングによる広告媒体の場合、まず消費者に、まともに手にとってもらうこと自体が難しいです。

 

そして次のハードル・・・「事業者様の記事を読んでもらえるどうか」も非常に難しいでしょう。

 

特に広告ばかりの冊子等の場合、広告として消費者は警戒して見ますし、新聞と同じで全部じっくり読むモノではないですから、パラパラ〜っと見て終わることが多いでしょう。

 

よって、冊子等を手にとり、ちょっとでも開いてくれる「良心的な消費者」ですら、特定の記事を読む確率となると、相当低いものと思われます。特に、小さい広告枠の場合は(1ページ全部程度の枠だと、0.5秒くらいは見ると思います)。

 

私は仕事柄、冊子やポスティング広告に興味を持って当たる方ですが、それでも全部のページは読まないですし、面倒くさくなって読まないで捨てることもザラです。一般消費者なら尚更でしょう。

 

当サイトの広告は、ユーザーの求めに応じて開かれたページに張り付けるものです。
さらに、目に入る確率が高い、ページ上部のみに張ります。

 

発行部数=消費者の閲覧数ではないですが、当サイトのユーザー数≒閲覧したユーザー数と考えて良いでしょう。

 

目立たせる広告

当サイトで、広告である記事と、でない記事の違いは、目立つかどうかです。

 

目立たせる手法はいくつもありますが、どう目立たせるかは事業者様の業務内容や完成した記事内容によります。
一律の目立たせ方はしません。

 

ただ、それらの手法のほとんどは、当サイトだけでなく、どのweb広告会社でも当然行っています。

 

しかし、当サイトの切り札は、マスコットキャラクターによるアピールです。

 

 

俺達がレビューするということだ


 

 

ユーザーさんに喜んでもらおうね♪


 

アフィリエイトサイト(ASPと呼ばれる企業が仲介するweb広告の一形態)ではよく使われる手法ですが、一般的な広告代理店で使われることはほとんどなく、まして地域特化型情報サイトでは、私の知る限り全く使われていません(地域特化型情報サイト自体がごく少数です)。

 

私の経験上、マスコットを使った記事は分かりやすく、ページ自体も有用であり、印象も良いことから採用した手法です。

 

もちろん、事業者様から使わないよう要望があった場合や、業種や社風にそぐわないと私が判断した場合は使用しません。

 

業種等問わず広告可

当サイトの広告は、久喜市内の中小店舗経営者様を念頭に置いていますが、特に限定はしません。

 

大手企業様、店舗を持たない個人事業主様、どなたでも歓迎です。

 

あるいは求人広告、サークル、単発イベントの案内等でも構いません。

 

受付できないもの
・政治性のあるもの
・風俗営業に関するものおよびこれに類するもの
・選挙関係のもの
・社会問題についての主義主張
・個人の名刺広告
・公の秩序または善良な風俗に反するもの

 

「これは大丈夫かな?」と思うものでも、ぜひお問合せください。なるべく載せられるようにします。

 

たとえば、久喜市外の事業者様も受付致しますが、サイトの構成上久喜市の集客に特化しているため、広告効果が薄れるとは思います。
なお、業種・形態問わず、料金は一律です(6400円/週)。

 

 

 

用語解説、Q&A

この章では用語の解説と、それに関わるQ&Aを記載します。

 

TOPページとは

「久喜市公式サイトの広告」で出てきた用語です。
久喜市に興味ある人に特化した広告掲載 1週間6400円(税込)!
webサイトとはページの集まりで、多くのwebサイトは階層制(ピラミッド制)になっています。
階層の一番上がTOPページ(ホームページとも言う)です。

 

アクセス数、PV、セッション数、ユーザー数とは

webサイトは「外付のエレベーターで移動するビル」をイメージすると分かり易いと思います。

 

ビルが何階建てかは、サイトが何ページあるかとイコールです。
先ほどの画像だと、TOPページを合わせて10ページあるので、10階建て。
久喜ネットの場合は、10月時点で約200階建てです。

 

ユーザーが 2階→1階→2階→5階→帰宅 と移動した場合を例としましょう。

 

アクセス数

アクセス数は、ユーザーがその階を訪れた合計数です。
今回の例では

 

2階:2PV
1階:1PV
5階:1PV

 

とカウントします。

 

PV

一般的に、アクセス数と同じ意味です。
アクセス数が大衆向けの言い方、PVはネットに精通してそうな言い方・・・その程度の違いです。

 

セッション数

セッション数は、ユーザーが訪問した一連の流れです。
今回の例では、来店から帰宅までの流れが1回なので、セッション数1です。

 

ユーザー数

文字通り、ユーザーの数です。
「来場者数」「来客者数」と同じと見ていいです。

 

さて問題です。ユーザーが再び来店したらどう数えるでしょう?

 

大体のイメージですが

 

・すぐ再来店したら2PV
・30分以上経って再来店したら2セッション
・日数経って再来店したら2ユーザー

 

と覚えておけばいいでしょう。

 

※ユーザー数の厳密な定義は、実は複雑なので割愛しますが、このイメージで大きく外れることはありません。

 

ユーザー数はどうやって計測しているの?

グーグルアナリティクスの機能に、ユーザー数カウントがあります。

 

久喜市に興味ある人に特化した広告掲載 1週間6400円(税込)!

 

赤枠で囲ってあるのがユーザー数で、これを基準とします。
日毎に、様々な条件と合わせてカウントしているソフトなので、正確な計測が可能です。

 

なお、11月6日現在で、当サイトは

 

・ユーザー数 836人 /週
・PV数 1482 /週

 

となっております。

 

この形式になった背景

サイト上にバナーを何十個も、ポンポン貼り付けるのは簡単ですし、単価も落とせます。
その方が予算のない事業者様も「嬉しい」かもしれません。

 

しかし、広告はまず見られなければいけません。

 

見るというより、認識されたり、読まれなければいけません。

 

そして、なるべく問合せ・販売・契約につながらなければいけません。

 

すると、ポンポン貼り付けたところで、ユーザーに認識されるはずはなく、見られたかどうかすらも怪しくなるのです。

 

これではいくら単価を落とした所で、本当にお金をドブに捨てるだけになります。

 

当サイトでは、広告のあるべき姿を熟慮した結果「質のいい見られ方」に傾注しました。

 

全く見られないことをまず防ぎ、なるべく全文読んでもらえるように。
そしてなるべく多く、取材記事をタップして読んでもらえるように。

 

こういった形がweb広告として最善だと信じているからこその、当サイトのシステムになりました。

 

気軽・手軽であることも、最善を目指した当サイトの広告の特長です。

 

広告するとどんな風になるの?

あくまでイメージですが
久喜市に興味ある人に特化した広告掲載 1週間6400円(税込)!

 

こういったかんじになります。

 

・最初の画像のあたりに広告2つ、記事が始まってすぐに広告1つを基準とします。
・久喜ネットの全てのページをこの形にします。

 

そしてリンク先(事業者様専用記事)は、記事の質も量も、写真等も、他のページに比べ必然的に豪華になります。

 

最終的には、事業者様それぞれに合わせて改良した形になります。

 

記事さえ作ってもらえば、広告費を払わなくても集客できるんじゃ?

これは地域特化サイト業界の「不都合な真実」かもしれませんが・・・
読まれる記事は大手企業・チェーン店ばかりです

 

私も予想しておらず、サイトを運営してから初めて知りました。

 

当サイトのトップページの下部「人気記事」は、グーグルアナリティクスの実測結果を元に作っています。
見ていただくとわかるのですが、全部大手企業です。

 

やはり今のご時世、ネームバリューがある・ありそうな会社でなければ、誰も見てくれないに等しいのです。

 

いわゆる観光地ならば、その区域内の小さい店舗でもチェックされる可能性はありますが、久喜市はその点ちょっと厳しいですので・・・。

 

他に当サイトでよく見られるのは、イベント菖蒲運動公園くらいです。

 

現代ネット世界は、サイトのトップページから順番に記事を見ていくことはありません。
サイトの一部記事に、検索エンジンから直接飛んで、それだけを見て終わるか、一応他の記事もチラッと見るかして終了なのです。

 

サイトの全ての記事を見るようなユーザーは皆無です。

 

こういった背景があるため、当サイトにおける広告は

 

・自分の必要なことだけ見て帰ろうとするユーザーに
・ページ閲覧開始すぐに見てもらうことで
・ユーザーが帰ってしまう前に印象付けておく

 

形態になったのです。
「久喜市公式サイトの広告」と似ているようで、実は全く考えが異なるということご理解いただけたでしょうか。

 

 

解説は以上です。

 

 

今お問合せいただくと、お試し価格として半額で広告ができます。

 

久喜市の広告比較(他の広告形態と比較してみました)

 

特定商取引法に基づく表記
(各種お問合せ方法を記載しています。電話含め、全て私がお受けします)

 

お問合せフォーム(こちらが一番手軽です)

 

 

最終更新日:2019.11.7

 

 

久喜ネットTOPへ戻る