久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは

鉄道まつり

鉄道まつりは、久喜駅から南西に徒歩42分(3.3km)にある、日本信号株式会社の敷地内で行われるイベント。

 

2019年は10月19日(土)に行われ、今回で第8回となる。

 

見直し日:2019.10.19

 

たくさん出し物があります。
私が行ったのは14時くらいです。

 

あと、全て無料の出し物です。回数制限とかもありません。

 

鉄道シミュレーター

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは

 

めっちゃ面白そう

 

少しですが、常に並びが出来ているので、ウチの子供にだけ遊ばせたのですが、私がやりたい。

 

『電車でOO!』みたいな感じですが、運転席がすごくリアル!

 

最近の映像技術はスゴイですね。窓から見る風景と同じですよ!運転したい〜〜。

 

しかも、東急東横線とJR九州筑肥線の2種類があります。
上の画像は東横線です。

 

乗り物

5インチゲージ

久喜市のイベントでもよく使われています。乗用電車模型という分類らしいです。
プロの会社が催す乗り物とは・・・!?

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは

 

なんと2種類!

 

上の画像は「機関車トーマス」で、下の画像はリアル機関車です。

 

2つを比較すると、トーマスは
・ゆっくり
・車両が小さい(行列も短い)
・コースが小さく、シンプル
・2周
・平和な時間を楽しむ

 

逆にリアル機関車は
・速い
・車両が大きい(行列も長い)
・コースが大きく、踏切や橋もある
・1周
・スリルを楽しむ

 

なんですが、特にリアル機関車がスゴイです。
ポーって言って蒸気が出るんです!

 

「うわ〜、凝った作りだな〜(*´ω`)」と思うじゃないですか!

 

しかし一方で、心が歪んだ大人は「まぁドライアイスとか、冷却した水素とかで出してるんだろうな」という、あくまでオモチャというイメージでも見てしまうんですよね〜。

 

さて、乗っていた人たちが降りて、私の乗車の時間です。

 

・・・

 

何かが機関車内で燃えとる!

 

いやぁまさかね・・・黒い石みたいなのがたくさん燃えてるけど、まさかね。
心が歪んだ大人は「赤いライトで照らしてんだべさ!100均でも売ってるぜそんなの!」と、なぜか抗ってしまいます。

 

そして機関車が動き出しました。

 

明らかに何かが燃えてるニオイがする!

 

・・・真相は定かではありませんが、プロの力の入れようには恐れ入ります(^^; 文字通りのリアル機関車。

 

移動用新幹線

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは
うわ〜面白そうな乗り物がある〜。

 

お祭りは、敷地内の2つの建物で行われているんですが、建物間移動用としても使える新幹線ですね。
(普通に歩ける距離なので、シャトルバスのイメージではないです)

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは

 

わーい、新幹線に乗れたぞ〜(^^)

 

ワルツ形式の音楽を聴きながら隣の建物へ移動。あ〜楽し。

 

なんでしょう・・・オッサンになったせいか、逆にこういう乗り物の方が癒されます。
別にジェットコースターも好きですけど、のほほんとしてるの最高。

 

他の屋外展示

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは
こども用トランポリンなんですが、まさかの「はやぶさ」

 

久喜市の鉄道まつり こんな大規模すぎる鉄道イベントが存在するとは
色々な展示物があります。画像は見ての通り信号。
「信号の青〜赤情報をリアルタイムで教えてくれるアプリ」の紹介なんかもありました。

 

移動売店(食べ物)も2つ来ており、屋外の机で食べることもできました。

 

ピンボールみたいな遊びも2種類ありました。

 

盲導犬とふれあうこともできました。かわいい白ラブちゃん。
「盲導犬のおしごと紹介」という時間もあったようなのですが、私が行った時には終了でした。残念。

 

屋内展示

食堂

社員食堂が使えます!

 

私が行った14時過ぎだと、そこそこ混んでた程度で、全く並ばないで済みました。
席がかなり多いので、ピーク時間でも席は取れたんじゃないかと思います。

 

メニューは
・ラーメン400円
・カレー300円
・唐揚げ4つ200円
・フランクフルト100円
・プチシュー4つ100円

 

と、お安くいただくことができます。
量も値段以上でしたよ!

 

プラレール体験

食堂内です。
プラレールの展示ではなく、プラレールで遊ぶのに特化したスペースです。

 

かなり広く、パーツの数もたくさんです。
私が行った時、子供が20人くらいいたと思うんですが、取り合いになるような雰囲気もなく、1人1人がオリジナルのコースを作れる程度にはパーツが多いです。

 

何時間も子供を遊ばせてる人もいたんじゃないかなと思います。

 

駅弁

これも食堂内ですが、食堂の一角で駅弁を売るスペース、というかんじでした。
私が行った時には撤収準備が始まっていたので買えず(泣)

 

ペーパークラフト・ぬりえ教室

食堂近くでペーパークラフト・ぬりえもできたんですが、ウチは時間がなくて行きませんでした・・・。

 

信号の歴史

おそらく常設展示ではあるんですが、見学できる機会は、この鉄道まつりだけと思われます。
一般人用ではなく、取引先用なんじゃないかと。

 

日本信号株式会社は今年で90周年だそうで、まさにその歴史を感じられます。博物館みたいな感じです。

 

なりきり運転士

運転台で鉄道模型を操作できます。
楽しそうですが、受付か予約が必要らしく、私はできませんでした・・・。

 

最終イベント:クイズ大会

15時45分から、屋外で、最終イベントのクイズ大会が行われます。

 

なんと、賞品はNゲージのセットが2つ!プラレールのセットが1つ!

 

特にウチで買おうとは思っていないのですが、欲しくなっちゃうのが不思議(ノ∀`)
お値段とかはわからないですけど、明らかに豪華ですよ。

 

O×クイズなのですが、案の定メッチャ難しい。
【高校生クイズ】みたいなものですね。スマホでちょっと調べてもわからないレベルの問題ばっか。

 

ということで、クイズというか、クジだと思ったほうがいいです(^−^;

 

数少ない対策としては、お題はネットで見れるパンフレットに小さく載っているので、それらの勉強をしまくることくらいですかね・・・。
※今年は「お召し列車」「昭和・平成・令和」でした。対策していたお客さんもいたようです。
まぁムダだと思います。そのくらい難しいです。
逆に、勉強してわかるような問題は、ほとんどの人が正解するので、皆についていけばOKになります・・・。

 

司会者によると、例年12回程度で順位が決まるそうです。
ウチも7回くらいまでは行ったんですが、ベスト10行ってないくらいで終わりました。

 

終わってみれば、手に汗握る楽しいクイズ大会でした。これは参加した方がいいです。

 

鉄道まつりのポイント!

移動手段が多い

パンフレットには「駐車場には限りがあるので、なるべく公共交通機関やシャトルバスの利用をお願いします」とあります。

 

車でもOK

色々理由があって、申し訳ないことに私は毎度車の利用から考えます。
で、グーグルマップで駐車場規模を調べるんですが、日本鉄道株式会社の敷地内は、何百台も停めれます。

 

そして、現地に行ってみると、満車までは行かないものの、かなり埋まっていました。
まぁ社員さんもたくさんいたので、社員さんの車と来場者の車の区別はつかないのですが、私と同時に何台も来場者が来ていたのも事実です。

 

なるべく他の手段を使うべきですが、車しかない人は車で大丈夫だと思います。

 

シャトルバスも都合がいい

久喜駅近くと会場間にシャトルバスがあり、概ね20分間隔で置いてくれる優しさ。
もちろん、クイズ大会が長引くことも考えてか、最終バスは16時30分まであります。

 

人も多い

去年の埼玉新聞によると、来場者数は約2000人だそうです。本当にそれくらいだと思います。

 

久喜市で2000人集めるイベントってハンパないですよ。久喜提灯祭りくらいでしょう、そんなに来るの。
一会社のイベントとは思えない・・・。

 

15時で終わる想定で

まつり自体は16時までなのですが、15時で終わってるっぽい出し物も多いです。
特に「リアル蒸気機関車」は15時きっかりに終わりました。お客さんが途切れたということもあるのでしょうが「ラストに乗ろう」とか考えていると、乗れなくなる可能性もあります。
一方で、15時終わりのような看板が出ていても「まだやってますよ!」と社員さんが教えてくれたりするので、もし終わっていそうな場合は、近くの社員さんに聞いてみるのがいいでしょう。

 

逆に、15時前に完全終了している出し物はなさそうなので、イベントは15時終わりのつもりでいれば上手く行くでしょう。

 

屋台を見に行くイベントではない

屋台というか、模擬店は3つか4つです(移動売店が2つ)。
縁日的なイメージではないです。そもそも会社の敷地内ですからね・・・。

 

ところで、日本信号って何?

全国に事業所を持つ、東証一部上場企業だそうです。
信号だけでなく、発券機や改札機なんかも作っており、それらの展示もありました。

 

社員さんの話だと、改札機の展示はなぜか子供に人気なんだそうな。
ドアが動いたりするからですかね?ウチの子供もすげぇ楽しそうにイジってました( ´д`)

 

楽しい出し物がいっぱい!!

鉄道まつりの印象は、これに尽きます。
もはや遊園地です。遊園地がない久喜市に、年に1回だけ出来る遊園地!

 

しかも、乗り物・体験が全部無料ですからね。太っ腹すぎる。子供がいる家庭、皆泣いて喜びますわ。

 

開始当初から行った方がいい

特にお子さんがいる家庭の場合は、出し物が多すぎて、1,2時間では周りきれません。
予約が必要な出し物があったり、昼食の時間や、出し物に並ぶ時間も考えると、3時間はあった方がいいと思います。
たとえばクイズ大会にも出るなら、12時30分には会場に着きたいです。

 

 

超オススメのイベントです!行ったことがない方は、来年ぜひ行きましょう!

 

 

 

久喜ネットTOPへ戻る