久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル

あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバルは、久喜市菖蒲地区のイベント。
2019年(令和元年)は6月2日(日)〜6月23日(日)まで行われました。

 

あやめとラベンダーは全く別の場所にあって、誰も教えてくれないので注意!

 

見直し日:2019.10.15

 

6月2日(日)

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

カーナビに従って会場(菖蒲総合支所)が見えました。
さて、駐車場はどこにあるのか・・・

 

公式サイトには全く駐車場の案内がありません。

 

結論としては、久喜市菖蒲上大崎グラウンド(埼玉県久喜市菖蒲町上大崎860)が実質的な駐車場になります。
カーナビ等もこれに設定すると良いでしょう。

 

 

菖蒲総合支所の駐車場と、会場内の駐車場は、関係者用なので入れません。
他の駐車場は遠いのでオススメしません。

 

今紹介した久喜市菖蒲上大崎グラウンドが、会場の道路を挟んで向かいにあり、数百台停まれるし、目立つので一番いいです。
私は初日(日曜)の、終わり30分前に行きましたが、道路は割りと渋滞・混雑していたので、少なくとも左折でグラウンドに入れるようにすると良いでしょう。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

屋根付きの机・椅子があって、自由に座れます。
出店は50店以上ありますかね。ラベンダーのお菓子や衣類等もあります。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!
ラベンダーまんじゅう120円。
菖蒲地区の柴山内田屋が作っています。
大葉の味がします。

 

さて、会場に行くとラベンダーがまず目に入りはするのですが、公式サイトでも6月中旬〜下旬と言われているので、6月2日の今日は元々期待していません。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

大体こんなかんじか

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

こんなかんじで、緑ばかりですね。
2週間後くらいにもう一度見に来ましょう(ページ下部にレビューがあります)。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

一部咲きはじめているラベンダーもあります。
匂いはしないです。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

ラベンダー畑の看板。わかりやすい。
1つの区画にバーッと生えてるのではなく、所々にバッ バッと生えているかんじです。

 

しかし・・・ラベンダーはOKなのですが、肝心の(公式サイトで6月初旬〜6月中旬と言われる)あやめはどこ??
会場を2周しても、一輪も見当たりません。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

あやめ園の案内の紙は張ってあるんですが、どう見ても田んぼしかないですよね・・・

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

矢印の方向見ても、やっぱり田んぼと灌漑用水しかない・・・w

 

なんか田んぼの道を歩いて行く人もいるんですが、そんなに多いってわけでもないし、やっぱり広大な田んぼしかないんですよ。
地元民が徒歩で帰ってるんじゃないかなと思うわけです。

 

「まさか異常気象で咲いてないとか、枯れたとか・・・?」とも思うんですが、それだったらあやめの区画くらいはあってもいいはず・・・。
どうにも腑に落ちないし、あやめ見に来て成果なしも嫌なので、青年会議所のお兄さん達に聞いてみました(緑色の文字入りポロシャツを着てるお兄さんがチラホラいますよ!)

 

すると、田んぼの向こうに消防署があって、その隣とのこと。
お兄さん達、ありがとうございます(^^)

 

あやめ園

場所は現地じゃわからない

誰か知ってる人に言われないとわかんないですよ(^^;

 

『あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル』って言われたら、両方同じ場所に咲いてると思います。
それに公式サイトやパンフレットの地図とか見ても、なんかすぐ近くにあるんだろうなって思っちゃいます。
私の見落としじゃなかった。かなり遠くにあるんです。

 

グーグルマップで調べてみると、会場の中心からあやめ園まで、直線距離で550mあります。
張り紙一つで行こうという気にはなれません(本当に田んぼしかないんで、通っていいのかなとか、怖いなとか、色々考えちゃいます)。

 

場所を知ってる人はそもそもサイトや地図なんて見ないし、知らない人はとてもじゃないけどあんな地図や案内では行けないですよ・・( ´д`)

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

そもそも、公式サイトに『貸し自転車(無料)あり』とか書いてるわけですが、「祭りに何で貸し自転車があるんだ?(´・ω・`)」とは思っていたわけです。貸し自転車場に人いなかったし・・・。
なるほど、広大な田んぼを横断するためですね。

 

まとめると、祭りの会場=ラベンダー畑 なのですが、田んぼを550m超えた所に、案内ほぼゼロのあやめ園もあるよということです。
祭り会場には一切案内がないので気をつけてくださいね。・゚・(ノд`)・゚・。

 

駐車場

さて、子供もいるので、あやめ園には車で行くことにしました。青年会議所のお兄さんが「駐車場もありますよ」って言ってたので。
目印の消防署を見つけ、隣にあやめ園っぽいのがあるのも確認。あれが駐車場だな。( ゚゚)

 

・・・10台ちょっとしか入れない。満車だし。

 

しかも歩道の縁石が狭いので、出ていこうとする車がいて、邪魔で入れない・・・。
「他にも駐車場あるかも」と思ってスルーして進んだんですが、一切ありません( ´д`)あやめ園の向かいだけです。
更に、一回通り過ぎると、戻るのが困難な道の作りになっています。
出て行く車を先に行かせて自分が入りましょう。後ろの車には迷惑ですが・・・。

 

まぁ、ラベンダー畑から歩いて来るのが一番いいです。

 

会場内

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

やっと着いたわけですが、ラベンダー畑と比べて小さいです。5分もあれば1周できるかと。
出店等も一切ありません。
祭りではなく、純粋にあやめの鑑賞です。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!
あやめ自体は綺麗です。日にち経てばもうちょっと咲くのかしら。

 

さて、あやめ園は『菖蒲城址あやめ園』が正式名称らしいです。
観光の方やお城好きの方は「お、城址として行っても面白いかも」と思われるかもしれませんが、お城っぽいものは何もありません(´・ω・`)500年くらい前に廃城しているからでしょうね。(wikipedia参照)

 

あやめしかありません。個人の畑と思った方が、イメージとして正しいです。

 

なお、同じ日取り(6月2日〜6月23日)で、モラージュ菖蒲でブルーフェスティバル写真展をやっています。
2Fで小さく行われていますが(珈琲店を目印にした方がいいです)、写真の質は確かにすごいので、行ってみるのもいいでしょう。

 

フェスティバル会場ではパンフ等は配っていませんが(少なくとも会場2周した私でわからなかった)、モラージュ写真展にはパンフが置いてあります。まぁ持っておいてもいいと思います。

 

あと、ラベンダーの会場は、舗装されているか、軽く砂がある道でしたが、あやめ園は
久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!
こんなかんじで木の橋になっているので、サンダルでも大丈夫です(虫刺されに注意!)。

 

 

ブルーフェスティバルの狙うべき日程は、あやめとラベンダーが両方咲くと思われる6月中旬でしょう。
土日はモラー渋滞があるので、通り道の人は時間に余裕を持ってお出かけなさってください(迂回路は無いです^^;

 

6月13日(木)

 

2回目行ってきました!

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

はい、今回は平日ですが・・・会場のほとんどが駐車場になっていますね。
ドライバーとしてはこっちの方がありがたい。
確かに出店は少なくなっていますが、それでも約15店ありますし、十分にラベンダー気分は盛り上がります。
貸し自転車等もちゃんとあります。

 

見ての通り、お客さんも多いです。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

うん、ラベンダー堤って感じがしてきました!
ラベンダーが多い所なら匂いも感じられますよ!

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

咲き具合はこんなかんじ。6,7割ってとこですかね。
早い花だと満開かな?ってのもあります。

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

今回はラベンダーアイスを買ってみました。・・・コーンでフタされとる・・・。
ちなみにこのフタ、取れません(^^;

 

久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル 詳細に解説!

 

うん、かぶりつけばちゃんとアイスが出てきます(笑)
さて、味の方は・・・シソの味ですね・・・。
やっぱラベンダーってシソの味なのかしら・・・。

 

ちょっとしょんぼりしながら食べ進めていくと・・・

 

あれ、ラベンダーの味がするΣ(゚゚)

 

これはびっくり。後半になるとラベンダー味です。美味い美味い(^^)

 

・・・どういう調理をしたらこうなるのかは分かりませんが、大満足!

 

お値段も250円と、限定フレーバーにしてはお安いので、ぜひお試しあれ!

 

ラベンダー堤の注意点

 

特に6月中旬以降はミツバチが割といます。
クマバチもちょいちょいいます。
まぁこちらからちょっかい出さなければ大丈夫のはずですが、特に虫が苦手な人は心づもりをしておいてください(´・ω・`)b

 

場所:菖蒲総合支所(久喜市菖蒲町新堀38)

 

2019.7.30追記
改めて思うと、ブルーフェスティバルはかなり優秀なイベントです。
さすがに久喜提灯祭りに規模ではかないません。
しかし、日にちに縛られないこと、楽しく穏やかな時間が過ごせること、日中であること、人ごみが苦手な人でも楽しめることが特長です。

 

 

 

なお、埼玉県内の嵐山町は日本最大級のラベンダー畑があるんだそうで、こっちの方が正直楽しそうだとは思います。
とはいえ、ブルーフェスティバルも十分な広さがありますし、アクセスは非常に重要ですから(帰りに菖蒲ショッピングモール群寄れるし・・・)、久喜市周辺の方はもちろん、茨城南西部、栃木南部、群馬南東部、千葉北西部の方にオススメします!

 

 

久喜ネットTOPへ戻る